2006年夏 3回戦(7/23)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
福島工 0 0 0 0 0 0 0 0 0
磐城 0 0 1 2 0 3 0 1x 7

(福工)土田、山田、熊坂―橘内
(磐城)泉谷―国井
▽本塁打=国井(磐)▽二塁打=坂下2(磐)▽盗塁=福0、磐2▽失策=福3、磐0▽暴投=泉谷(磐)
(球)添田(塁)滝田、佐藤、佐久間
▽試合時間=1時間57分



投打のかみ合った磐城が八回コールドで快勝した。

磐城は三回、死球の走者を三ゴロと犠打で二死三塁とし、国井の中前適時打で先制。
六回は一死から織内、坂下の連打で二、三塁とし、二死後に国井の3点本塁打で突き放した。

福工は磐城の先発泉谷に散発2安打。
八回の得点機も後続が連続三振に倒れた。

2006年夏 2回戦(7/18)

 いわきグリーンスタジアムの第1試合で初戦に挑んだ第5シードの母校は7―0の7回コールドで相馬を下し、順当に3回戦にこまを進めた。

 また、この試合で投手の泉谷(3年)が7回参考記録ながらノーヒットノーランを達成した。

 磐城は初回2死満塁から、伊藤昌弘選手(同)が左前に2点適時打を放って先制。3回には敵失に乗じて2点、4回には大高和真選手(同)の走者一掃の適時2塁打で3点を加点。着実にリードを広げた。

 主戦の泉谷投手は立ち上がりから万全の投球を展開。2回に与えた1死球のみで安打を許さなかった。

 17日に行われた2回戦では、開成山球場で湯本が郡山東と対戦。延長10回、和田綾選手(同)のサヨナラ打で2―1で熱戦を制し、この夏2勝目を挙げた。 また16日に試合を行ったいわき勢では、平工業、福島高専、四倉が初戦を突破した。

いわき民報杯で2年ぶり白鷲旗

 雨中の大熱戦をサヨナラで制し、母校が2年ぶりに白鷲旗を奪還

 第47回いわき地区高校野球選手権大会(いわき地区高野連主催、いわき民報社など後援)は大会最終日の15日午後、いわきグリーンスタジアムで決勝を行った。最終日は準決勝・決勝のダブルヘッダーとなったが、夏の本番を前に見事に結果を出してくれました。

いわき民報杯で2年ぶり白鷲旗の続きを読む

100周年記念試合結果


2006年06月3日(土)・4日(日)と100周年記念試合が桐蔭学園(神奈川県)をお呼びして開催されました。


結果は第一試合が  磐城 1 - 5 桐蔭

第二試合は  磐城 5 - 6 桐蔭  でした。


 特に第2試合目は9回の表に逆転を許し、その最終回の裏にあわや同点打かという場面で、ライトからの好返球により間一髪アウト! という壮絶な幕切れでした。ナイスゲームでした。
 しかし勝って欲しかった・・・